育休に理解のある職場が多い保育士

女性に優しい派遣の福利厚生
子育てに理解のある職種とは!?

子育てをしながら働くことを考えれば、最も重要になってくる条件は職場が子育てに理解があるかどうかという点です。個人で仕事と両立をはかる努力よりも、両立に大きく影響をするのは職場の子育てに対する理解度です。子育てに理解のある職場について紹介していますので、子育て中の仕事を探している人は参考にしてみてください。

女性が多く育休がとりやすい保育士

女性が多く育休がとりやすい保育士

保育士は結婚後も働きやすい

近年では夫婦共働きが当たり前のようになってきたことで、結婚しても引き続き働く女性が増えています。そして仕事を楽しんでいれば結婚後も同様に仕事を続けたいと考えることは当然のことで、仕事から離れることを嫌い結婚の決断に迷う人もいるかもしれません。
しかし、保育士という仕事であれば結婚をしても十分仕事を続けることが可能と言えます。保育士の職場は産休や育休が充実しているなど、子育てを支援する環境が整っていることが多いです。

保育士の子育て環境

保育士は女性が多い職場ということもあり、育休・産休に関しては他の職場と比べて取得しやすいと言えます。会社によっては法律で決められていることとは言え、実際には取得することが難しいということがあります。同様に保育園にも中には退職を促されてしまう職場も存在しますが、認可外保育園などの小規模な場所でそういった職場は基本的に少ないです。こういった面から保育士は子育てを考えても安心して働くことのできる職場です。

両立をするには

憧れだった保育士の資格を取って働き出したものの、結婚との両立を困難だと考えている人もいるでしょうが、中には問題なく両立をして、家事、子育てをこなしている人もいます。これは個人の努力といった面よりも、働いている職場側の面が大きく影響しています。
結婚した後も働きやすい環境を整えている保育園であれば、急な子供の対応にも人数でカバーする体制がありますし、子育ての期間に育休で職場から離れても戻って来る場所を用意しておいてくれます。このような環境がある場所で働けていると特に結婚後も子育ても問題なく両立することができます。

育休の期間や手当について

ではこの環境に関して、産休や育休が取れる期間とその間に支給される手当について考えていきます。まずこれらは保育園によって決められていることなので、働く職場によって産休と育休の期間、またその間に支給される手当の金額が異なります。
公立保育園であれば公務員と同じですので、公務員の産休・育休の規定に則りその期間と手当が決められます。私立保育園であれば一般企業と同じ基準はあるものの独自に決められている期間と手当になりますのでそれぞれ異なります。公務員と同程度の期間が設けられて支給額もそれなりにもらえるというところもあれば、最低限の休みとその間の支給額はほとんど無いに等しいという職場もあります。

子育て中も働きたい女性の方へ

女性にとって大きなライフイベントとなるのが結婚と出産だと思います。これを機に仕事の継続を考える人がほとんどだと思います。そんなライフイベントの後に働くことを考えて、派遣の働き方についてよく理解しておいて欲しいと思います。お問い合わせについてはこちらまで