確認しておくべき派遣登録について

女性に優しい派遣の福利厚生
子育てに理解のある職種とは!?

子育てをしながら働くことを考えれば、最も重要になってくる条件は職場が子育てに理解があるかどうかという点です。個人で仕事と両立をはかる努力よりも、両立に大きく影響をするのは職場の子育てに対する理解度です。子育てに理解のある職場について紹介していますので、子育て中の仕事を探している人は参考にしてみてください。

派遣登録の流れを確認

派遣登録の流れを確認

派遣登録について

派遣として働こうと思ったらまず確認したいことは派遣の働き方です。派遣の働き方は派遣元である派遣会社に登録して、登録した派遣会社が労働力を欲しがっている仕事先に派遣してくれます。この際に派遣先が欲しがる人材と派遣する人材のマッチング材料となるのが派遣登録となります。
派遣登録では個人情報と職務経歴などの登録、そしてどのような仕事をしたいと考えているのか、何が得意で何ができるのかを伝えることになります。派遣で働くことの強みとして自分に合った条件の仕事を選ぶことができることなので、働く場所や時間などの条件をしっかりと明確にしておくことは重要です。自分に合った条件で働くためにも派遣登録には条件などを明示できるように準備しておきましょう。

派遣登録の流れ

実際に派遣登録をする際の流れについて知っておきましょう。自分が働きたいと考える派遣会社を選んだら登録会の予約を取ります。登録会当日までにweb上で個人情報や職務経歴などを入力しておくと、登録会当日にスムーズに進めることができますので特別事情がない限りは済ませておきましょう。
当日は派遣コーディネーターと面談を行って直接どういった人なのかを見られることになります。またここで自分のスキルや希望条件を伝えることにもなります。面談が終わればスキルチェックが行われ、登録が全て終了するまでにはおおよそ3時間を見積もっておきましょう。登録会にはスーツで行く人も多いですが、パンツやスカートなどの仕事で着るような服装で行っても問題ないです。

登録時に気をつけること

実際に働く職場ではない派遣元での登録会ですが、社会人としての基本的なマナーなどは見られています。挨拶ができるかどうかといった基本的なところから、言葉遣いは適切なのか、コミュニケーションの能力はどれほどかなどがあります。派遣会社も派遣先の会社に対する面目がありますので、社会人としてのマナーがない人には紹介することはできません。
そして良い条件の仕事を紹介してもらいたい一心でスキルを過大に見せることも控えましょう。実際に派遣先で働き始めて十分なスキルがないことが露見すれば、派遣元の会社に迷惑がかかりますし、派遣先の会社にも迷惑がかかります。そしてなにより契約期間の途中でも契約違反として解雇される対象となります。しかしこれを恐れて消極的になっても自分に合う仕事を探せる派遣の良い面を消してしまうので、しっかりと自分のスキルをアピールするところはアピールすることも大切です。

子育て中も働きたい女性の方へ

女性にとって大きなライフイベントとなるのが結婚と出産だと思います。これを機に仕事の継続を考える人がほとんどだと思います。そんなライフイベントの後に働くことを考えて、派遣の働き方についてよく理解しておいて欲しいと思います。お問い合わせについてはこちらまで