派遣は福利厚生が意外と充実している

女性に優しい派遣の福利厚生
子育てに理解のある職種とは!?

子育てをしながら働くことを考えれば、最も重要になってくる条件は職場が子育てに理解があるかどうかという点です。個人で仕事と両立をはかる努力よりも、両立に大きく影響をするのは職場の子育てに対する理解度です。子育てに理解のある職場について紹介していますので、子育て中の仕事を探している人は参考にしてみてください。

実は充実している派遣の福利厚生

実は充実している派遣の福利厚生

意外な派遣の実情

正社員として働きたいと考えている人は、なぜ正社員として働きたいと考えているのかを考えた場合、多くの人が「安定して働ける」「福利厚生が整っている」といったことを答えると思います。では、逆を考えてなぜ派遣社員として働くことを避けるのかは「福利厚生が整っていない」という回答が多いです。
では本当に福利厚生が派遣は整っていないのかを考えると、実は意外にも現在は派遣でも十分福利厚生が整っています。例えば保険がないというイメージを持っている人が多いですが、派遣社員も条件を満たせば保険に入ることができます。どのような保険にどういった条件を満たすと入れるのかを紹介していきます。

健康保険について

病院にかかることを考えると欠かすことのできない健康保険ですが、健康保険は2点の簡単な条件を満たすことで加入することができます。1つ目が、雇用契約期間が2ヶ月以上という点。2つ目が、1日に働く時間である所定労働時間が正社員の4分の3以上である点。これら2点の条件を満たしていれば会社と折半で保険料を支払って加入することができます。

雇用保険について

失業保険や介護給付といった場面で役に立つ雇用保険ですが、これも派遣でも2点の条件を満たすことで加入することができます。1つ目が1週間に働く所定労働時間が20時間以上であること。そして2つ目は同じ派遣会社で1年以上継続して雇用される見込みがあることです。これら2点の条件を満たすことで雇用保険に加入することもできます。

労災保険について

業務中に怪我をして休まなければならない期間などの収入になるのが労災保険です。労働災害はいつ起きるかはわかりませんので、万が一を考えて入っておきたい保険です。といっても、この労災保険は働き手を雇う以上、加入させることが義務付けられている保険ですので、派遣でも保険料は全額会社が負担してくれて加入しています。

有給休暇

正社員と同様に派遣社員にも6ヶ月以上の仕事スケジュールのうち、8割以上を出勤することで有給の資格が取得できます。そして1年毎のサイクルで勤務年数に応じた所定日数が付与されていきます。派遣には有給がないというイメージを持っている人がいまだにいますが、派遣でもパートでも有給は取得することができます。
以上を考えると、正社員でも派遣でも現在では十分安定して働くことができますし、なにより子育てを考えて家庭と両立することを考えればむしろ派遣の方が働きやすいとも言えます。

子育て中も働きたい女性の方へ

女性にとって大きなライフイベントとなるのが結婚と出産だと思います。これを機に仕事の継続を考える人がほとんどだと思います。そんなライフイベントの後に働くことを考えて、派遣の働き方についてよく理解しておいて欲しいと思います。お問い合わせについてはこちらまで