派遣で働くのは子育て中もおすすめ

女性に優しい派遣の福利厚生
子育てに理解のある職種とは!?

子育てをしながら働くことを考えれば、最も重要になってくる条件は職場が子育てに理解があるかどうかという点です。個人で仕事と両立をはかる努力よりも、両立に大きく影響をするのは職場の子育てに対する理解度です。子育てに理解のある職場について紹介していますので、子育て中の仕事を探している人は参考にしてみてください。

子育て中も働きたいなら派遣がおすすめ!

子育て中も働きたいなら派遣がおすすめ!

子育て中に働くことを考えている人にとって迷うところに雇用形態があると思います。なにかあった時のために福利厚生が整っている正社員として働きたいと考えても、なかなか制約の多い正社員で子育てをしながら働けるかと不安になったり、パートでは何かあった時に不安など悩みどころだと思います。しかし、意外と知られていませんが、派遣でも十分福利厚生が整っているところはありますし、何より育児休業を取得することもできます。

派遣としても働きやすい保育士と介護職

詳細へ

保育士と介護職は派遣としても働きやすい特徴があります。そのため子育てが落ち着いてきた頃に働き始めることを考えて、正社員として働くのか、パートとして働くのかなどの勤務形態について迷う時には、保育士と介護士の派遣はとてもおすすめです。保育士であれば直接雇用よりも待遇が良い派遣などもありますし、なにより人手不足の職場が多いので働き始めやすいです。介護職はデイサービスなどの日勤のみの職場で働けると家庭環境にもマッチしやすくおすすめです。

派遣としても働きやすい保育士と介護職

実は充実している派遣の福利厚生

詳細へ

働くなら正社員で働きたいと思っている人になぜ正社員という雇用形態で働きたいのかを聞くと、やはり福利厚生についてしっかりしているからと答える人は多いです。同時に派遣の雇用形態を避ける理由としても福利厚生がしっかりしていないからというものがありますが、実際にはそれはイメージでしかなく、現在は派遣でも福利厚生はしっかりしているところが多くあります。派遣の入れる保険とその条件や、有給休暇について説明していきます。

実は充実している派遣の福利厚生

派遣でも育児休業は取得可能

詳細へ

派遣だと育児休業を取得することができないと考えている人は多いとおもいます。しかし、平成17年に改定された育児・介護休業法の改定によって、雇用期間に定めがある雇用契約の人、つまり派遣などの雇用形態の人でも条件を満たすことで育児休業の取得が認められるようになりました。そのため現在では正社員に限らず育児休業を取得することができるようになっています。ではこの取得において気になる条件について知っておきましょう。

派遣でも育児休業は取得可能

子育て中も働きたい女性の方へ

女性にとって大きなライフイベントとなるのが結婚と出産だと思います。これを機に仕事の継続を考える人がほとんどだと思います。そんなライフイベントの後に働くことを考えて、派遣の働き方についてよく理解しておいて欲しいと思います。お問い合わせについてはこちらまで